時代に答える

特定非営利活動法人 近畿HACCP実践研究会

HACCP義務化に対応した支援をするNPO法人

HACCP義務化に対応した支援をするNPO法人近畿HACCP実践研究会メインビジュアル

 HACCPHazard Analysis and Critical Control Point : (危害要因分析と必須管理

工程)による食品の安全性確保は世界標準となっています。失敗する原因を放置

しておけば,いつか失敗が起こる。 よって, 原因を事前に除去するとした考えが

ベースになっています。

 日本では,諸外国に遅れを取られていますが, 平成30年の食品衛生法改正でHACCP

の制度化(義務化)が制定されます。近畿HACCP実践研究会は特に中小企業規模の

食品等事業者が, スムーズにHACCPが導入できるよう実践的にご支援をしていき

ます。

 HACCP時代の経営, HACCP12手順7原則、HACCP12手順7原則を維持するた

めのマネジメントシステム, 12手順7原則で仕分けされた一般的衛生管理(PRP)

の構築の5部門と行政に携わる経験豊かな講師陣が皆様をお待ちしております。     


新着情報

   開催日:2018.08.10
  記念講演「HACCP制度化と大阪版食の安全安心認識制度について」
   詳しくはこちら
      
開催日:2018.07.20
定期交流研修会「HACCP導入における衛生管理の具体的な方法」
詳しくはこちら
開催日:2018.06.12〜14
実践研究会講座「HACCP制度の義務化決定に向けて HACCCPチームリーダー養成講座」
詳しくはこちら